大人のおもちゃ量販店

FXウィクリーレポート

FXウィクリーレポート に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

こんにちは。


もしあなたが、FX投資をしているとしたら、
今すぐ下記のサイトの6分間の極秘映像を見てください!
FX投資10年に一度のチャンス映像を見る。


今、FX投資の相場で何故、円高方向へ向けて
一本調子に下落し続けているのか?



どうやったら、その状況から抜け出す事ができるのかが
分かる6分間の極秘映像が公開されています。




しかも、今の苦しい展開の中に隠された、10年に
1度のビッグチャンスが迫ってきている事がはっきりと
言われているのです。




何故、昨年8月からずっと円高方向へ向けて下落し
続けているのか?


その理由が分からないまま投資を続けても、
損をするだけです。



そして、10年に1度のビッグチャンスに乗ることが
できれば、今、大きな損失をすでに出してしまっていた
としても、あっという間に取り戻して利益にする事
だってできるのです。



何故、今買っても買っても損をするのか?
そして10年に1度のビッグチャンスとはいったい
何なのか?




今すぐ下記のサイトの6分間の極秘映像をチェックして下さい。
500人に達した段階で、映像は見れなくなります。

FX投資10年に一度のチャンス映像を見る。




PS
一言だけ言っておくと、今、円高方向へ動いて、
苦しい展開になっているのは、自然の流れであって、
福田首相のせいではなかったという事です。
詳しくは下記のサイトをチェックしてみて下さい。
FX投資10年に一度のチャンス映像を見る。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日の記事はFX投資をしている人は必ず見てください。
なぜなら円相場にとても大きな動きが起きているからです。

 

今、円相場を買っている人、売っている人、何もしていない人が
どう行動を取っていけばいいのか。

私の投資のメンターである松下誠さんがメルマガで具体的な行動指針を
話してくれています。

 

松下さんに許可を頂いて、私のブログのFX投資をしている人に
松下さんのメルマガを転載させていただくことにしました。
[サブプライム再来!?FX投資家へ緊急連絡!]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

FX投資の専門家である、松下誠の投資情報レポートです。
[FXウィクリーレポートPart2「利食いのポイント」]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

FX投資の専門家である、松下誠の投資情報レポートです。
[FXレポート「デイトレードVSスイングトレード」]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ストレスにさらされて、成功に集中できない人にとって、最良のプログラムです。

今回の記事は、投資家にとってあまり話されてこないダークな部分であり、
目を背くことができない投資の真実についてです。
[FXウィークリーレポート「投資の世界の影の部分」]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

過去の相場を振り返ってみていると、大きな動きが起きていて
ここで乗っていたら大きな利益が出たのになーという思いに
なる事はよくあります。




毎日相場をちゃんと見て、投資をしているのに、なぜかそんな大きな
チャンスがきたときに、乗って利益を上げられないんだろう?



と思って、 悩んでしまいます。
そして、悩んでもなかなか答えがでません。



それは投資をするときの前提としての、大切な事が欠けている事が
原因になっています。


そしてまずはその大切な事に目を向けて、解決する事で、今まで
見逃していた、チャンスを利益に変えることが出来始めます。



私の尊敬する投資家、松下誠さんは、そういった気づきをいつも与えて
くれます。ぜひ、松下さんの記事を読んでみてください。
[利益のチャンスが来る人、来ない人]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今回の記事は、日本中のほとんどの投資家が危険な投資スタイルを
とっているので、その投資がどれだけ危険があるか、そして、正しい
投資スタイルとはどんな投資なのかについて、お話しています。
[先行きが見えない円相場で利益を上げる方法 その2]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

FX投資をしている人にとって、今の円相場はとても不安定で利益を
上げにくい相場展開になっています。
[先行きが見えない円相場で利益を上げる方法]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

FX投資の専門家である、松下誠の投資情報レポートです。
毎週、松下誠よりとびきりの情報をおとどけするプログラムです。
[松下誠のFXウィクリーレポート]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

こんにちは
kouです。

最近、円相場が持合い相場を続けて利益が上げ難い状況が続いていますね。


買って少し利益が出たと思ったら、次の日には、大きく下落して
結局損切。



そうかと思って、売りで新規に注文を入れれば、吊り上げられて
損失。



どうすればいいんだ?

と思ってしまう、そんな相場状況です。



私の尊敬する投資家の松下誠さんは、ご自身が配信しているメルマガの
中で、こういった持合い相場でどう対応していけばいいのかについて
書いてくれていました。
[戦わずに勝つ投資法]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今月、大暴落で壊滅的な大損失を抱えた人へ緊急連絡!
大暴落を一気に利益に変える投資法。
[【緊急連絡】今月の円相場の大暴落を利益に変える方法!]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

2割の勝ち組になるため7つの法則 - 音声ファイル付き -
[無料レポート 松下誠のあなたの投資資金を守るための心構え]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日の「松下誠のレポート」は


[あなたは投資を複雑にしますか、シンプルにしますか?]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[RSS] [Admin] [NewEntry]

今日の「松下誠のレポート」は


■投資家が抱く誤解

■もし、あなたが1週間に1時間だけFX投資に時間を使えるなら、あなたも7万2000円相当のDVDを無料でゲットできます・・・








[投資家が抱く誤解 by松下誠]の続きを読む

[RSS] [Admin] [NewEntry]

勝つ投資家の視線の先にあるものby松下誠



投資で勝つために必要なことを知ろうと思えば、今勝っている人に 聞くことです。勝つ投資家が何を見、何を考え、そして何をしているのか、 それを知ることで、勝ちに近くなります。



それでは勝つ投資家の視線の先にあるものとは何でしょうか?それは負ける投資家と どんな風に違うのでしょうか。 当たり前の話ですが、投資をする以上、利益を上げるために何かの通貨や銘柄に 投資をします。そこには必ず「利益」という目的が存在します。多くの投資家は 投資を始める際に、利益に目を向けます。これからどのくらい儲かるのか、と考え始めるのです。しかもこの時点で「自分が勝てる理由は何もない」のに。



しかし利益を上げ続ける投資家が見ているものは

「利益」ではありません。

「いくら儲かるのか」とは考えないのです。



私たちは何を見ているのか、 それは「損失」です。あるいは「リスク」と言い換えてもいいかもしれません。 投資を始める際に、この投資は自分の資金のどれくらいの損失の可能性があるのか、 と考えるのです。しかもそこには勝つための優位性を持ちながらです。



市場とは何でしょう?投資とは何でしょう? 何かを買って、明日値上がりすれば利益が上がる。 何かを売って、明日値下がりすれば利益が上がる。 確かにその通りですし、それを何とか知ろうとします。あるいは確率良く、 売買しようとします。しかし残念ながら私達投資家は明日のことは分からないのです。 すなわち明日自分が利益を上げることができるのか、損失を被るのかは、全く 分からないということになります。



だからこそ損失に対する準備をするのです。 損失に目を向けるのです。なぜならいつも損をするからです。 その前提に立たずに、あるいは損失に対する準備をせずに市場に入ると何が起こるのか。 損失を目の前にして感情が頭をもたげます。しかもこの感情というのは私達を更なる 損失へと誘います。

この感情とそれから起こる行動の先にあるのが、8割の人の損失という 結果です。 見ているものが違うのです。準備が全く違うのです。勝てるわけがないのです。 まずは視線を変えることです。明日何が起こるか分からないということは、利益を上げる可能性もあるということです。



利益が上がったときには慌てなくても良いのです。 それは利益なのですから。それは望んだ結果なのですから。望まない結果が出たときに、 即座に最善の対処ができるように準備をするのです。あるいは勝てるための「損失」を 作り上げるのです。 そこを変えない限り、どこまで行っても、砂上の楼閣のような投資を続けることになるでしょう。 あなたは投資で勝つために何を見ますか。 あなたの視線の先にあるものは何ですか?



著者:松下誠:123profit.jp
1967 年生まれ。福岡県出身。富山医科薬科大学卒業後。製薬会社勤務をへながら、個人投資家として、投資はじめる。開始から2年で個人資産1500万円を失うも、その後、簡単な利益の上げ方を発見し、それから、利益を上げ続ける。現在は投資家として独立。彼の、“感情コントロール法”や“価格変動予測法”などの指導を受けた個人投資家のほとんどが利益をあげるようになっている。

松下誠の投資術を学ぶにはこちらをクリック> http://www.123profit.jp/MNL.php?jvcd=4836





[RSS] [Admin] [NewEntry]

あなたは自分の利益が見えますか?(松下誠)



投資において、2割の人しか利益を上げ続けられない と言いました。


ある投資家が市場に参加して、
たまたま利益を上げることはよくあることです。

そこで「なんだー投資って簡単だ!」と思い、
気を良くして、あるいは誤解をして、

そのまま投資を続けてその人は利益を
上げ続けることができるのでしょうか。


投資を続ければ、
必ずめぐって来る無視できない時があります。

それは、【損をする】ときです。

あるいは【損が続く】ときと言っていいかも知れません。


その時に投資家はどう対処できるのでしょうか。


ある人は落ち込み、ある人は無理な勝負に出て、
またある人はやり方を変えて、
そんな様々な対応が繰り広げられます。

もう一度言いますが、それは必ずやって来るのです。


市場に参加してから負けることなく、
自分の目標を達成して、この市場から
出て行く人は、ほとんどいません。


あなたはいつかやってくる、
【その時】のための準備ができていないといけないのです。

その準備とは何でしょうか?

それが、自分のトレードをイメージすることです。

あるいは自分の利益をイメージすると
言い換えてもいいかも知れません。


私たち投資家投資を続けなければいけません。
投資というのは続けることで、
利益を上げる作業だからです。

その中には当然損する投資もあるのです。
あるいは損が続くときもあります。


その時、あなたはどうしますか?


その答え、 それは「何もしない」です。
あるいは「いつもと同じ作業を続ける」です。


私たちの投資検討とトライ
そして評価・検証の毎日です。当然利益が出ても、
損失が出ても常に評価・検証そして必要であれば
ルールやシステムの変更がなされます。


損をすれば、その損の原因を突き止め、
そして検証をします。

それが自分のルールの中で、
ある一定の許容範囲内の損失であれば、
それは必要な損失ですので、ただそのまま投資を続けます。


損失が続いたときは、
同じように損失が続いた原因に目をむけ、
そして評価・検証します。

同じようにそれが自分のルールやシステムの中で、
許容される損失の連続ならば、それもそのまま投資を続けます。

もし資金管理のルールに照らし合わせて、売買の量や損失額。
率の変更等が必要であれば、それを行います。


ですが、投資そのものを変えたり、
ましてや大きな勝負に出たりということはしてはいけません。


このまま続ける事で利益が上がる、
そういう状態で投資を続けます。


その時に大事なものが、自分のトレードのイメージです。
そのイメージとは頭の中でなんとなく
描く想像という意味ではありません。

具体的に毎日のチャート上に再現されている値動きのことです。


ものの価格は、それを売買の対象とする
大勢の投資家の集団心理によって形成されます。

売買を人間が感情において行う以上、
いつかそれがある特定の動きを見せることがあります。

その特定のパターンが現れた時だけ、
トレードをしてそして利益を上げるのです。


松下誠は断言します。

過去に現れた人間心理のパターン
未来のいつかの時点で必ず再現します。

だからそれを利益に変える方法を作り上げ、
そこに機会やチャンスを見出し、
トレードを仕掛け、利益を上げるのです。

それが松下誠が言う、「トレードのイメージ」であり、
「利益のイメージ」です。


そしてもう一点、「必ず起こる」という思いは、
時に先入観や固定観念に変わり、
私たち投資家を危険な場所に連れて行くことがあります。

だからこそ、その強い意志や根拠の裏側で、
その固定観念に襲われたときでも自分の資金を
守るための資金管理(マネーマネジメント)を行うのです。


自分の大切な資金を守るために、
二重、三重のセーフティーネットを張り、
万全の態勢で毎日の投資を管理するのです。


それが本当に投資をするということです。
それが本当に投資で利益を上げるということです。


投資で利益を上げている人には、
その人なりの秘密が確かにあるのかも知れません。

あなたも投資で利益を上げようとするのであれば、
自分の投資のイメージを持ってください。

自分の利益のイメージを作ってください。

そしてそれを更に安全に行えるスキルを
持って行っていってください。


あなたは自分の利益が見えますか?



著者:松下誠:123profit.jp
1967 年生まれ。福岡県出身。富山医科薬科大学卒業後。製薬会社勤務をへながら、個人投資家として、投資はじめる。開始から2年で個人資産1500万円を失うも、その後、簡単な利益の上げ方を発見し、それから、利益を上げ続ける。現在は投資家として独立。彼の、“感情コントロール法”や“価格変動予測法”などの指導を受けた個人投資家のほとんどが利益をあげるようになっている。

>松下誠の投資術を学ぶにはこちらをクリック> http://www.123profit.jp/MNL.php?jvcd=4836

[RSS] [Admin] [NewEntry]

負ける投資家と勝つ投資家の違いは?(松下誠)


投資って、株式投資から、今回紹介している
FX(外国為替)先物投資、オプション投資

様々ありますが、実はどの投資
選んでも勝っている人と、

負けている人の割合は2:8、

もしくは1:9って知っていましたか?


実は8割、9割の人はどの投資をやっても負けているんですよ。



それはなぜだと思いますか?



書店に行けば、“こうすれば勝てる株式必勝法”とか
素人でもできるFX投資法”といったように
投資に関する本は山ほどありますよね。


今では投資に関する本は、
毎月、毎月新しいのがでてきて
どの本がいいのかすら分からない状態です。


でもそれらの本の言うとおりやったら勝てるのでしょうか?


ではなぜこの2:8の法則は変わらないのでしょう?



なぜ1割、2割の少数の人はどの投資を選んでも勝ち続けているのか。

その“違い”は何なんでしょう?


才能でしょうか?


少なくとも、松下誠は才能で勝っているわけではありません。


目が利くとか動物的勘で優良な銘柄が直感で
分かるといったものではありません。


見るべきポイントを見て、やるべき事を実践して、
勝ち続けているだけなのです。





ただその勝つための法則を身につけるのに
5年という月日と1500万円という金額の
代償を払ってきました。


自力で学んで投資で勝つためには、
実はそれぐらいの時間とコストが
必要なのかも知れません。


でもそれだけの時間とコストを費やさずに、
同じ結果を得られるとしたら
あなたはどうしますか?



詳しく知りたい方はこちら

http://www.123profit.jp/MNLpp.php?jvcd=4836


[RSS] [Admin] [NewEntry]

「あなたはどんな投資家ですか?」

-松下誠


  投資で利益を上げようとするとき、必ず浮かぶ疑問があります。それは、「どうすれば投資で利益を上げることができるのか?」という疑問です。


 私は投資教室投資セミナーを開催しておりますので、しょっちゅうこの質問を受けます。 しかしこの質問は正しい質問ではありません。 人は正しい答えを求めるとき、それに必要な正しい質問をする必要があります。



 そういう意味で、投資で利益を上げたいときに、「どうすれば投資で利益を上げることができるのか?」とい質問は間違った質問です。


 正しい質問とは、「どんな投資家が利益を上げることができるのだろうか?」というものです。



 多くの人は誤解しています。何か特別な方法を知れば、投資で利益を上げられる。何か秘密のテクニックや理論を手に入れれば、勝つことができる。 そうではありません。投資で利益を上げるために必要なものは、テクニックや理論・情報 ではなく、投資で利益を上げることのできる投資家としての資質なのです。


 技術が利益を上げるのではなく、人が利益を上げるのです。投資家が利益を上げるために必要な資質を有して始めて、技術がその投資家のものになるのです。


 いつもそうですが、一般の投資家はスタートから全く違う道を歩き始めます。当然違う道を歩き始めますので、ゴールには着きません。道を間違ったことに気づいてもどこで間違ったのか分からないので、改めようがないのです。間違ったのはスタートであり、全く別の道なのです。 ぜひ間違えないで下さい。利益を上げるのはあなたの理論や方法、テクニックではなく、あなたです。


 それでは視点を戻して、「利益を上げることができる投資家」とはどんな投資家なのでしょうか?


  私はこれまで教室やセミナーを通じて1000名以上の個人投資家の方とお会いしました。その中で利益を上げ始める方々が確実に出てきています。これまでの自分や周りで利益を上げ始める人を 見てみると一つのことに気がつきます。


 それは「利益を上げ始める投資家は自分で投資を作り上げる」ということです。教室やセミナーですので、当然投資の理論を学びます。多くの投資家はそのまま学ぶだけで終わりです。 学んだことをそのままやれば利益が出ると思い、実践を始めます。運よくすぐに結果が出ればいいですが、 ほとんどそんなことはありません。その時点で次の情報やセミナーを探し始めます。


 「利益が出るまで続けてみる」とか「なぜ利益が出ないのか検討する」といった一歩踏み込んだ世界に入って行かないのです。 なぜならそれは面倒で、時に辛く、時間のかかる作業だからです。


 しかし利益を上げる人は違います。


  その人たちは最初から自分でやっていくつもりですので、最初は学びますが、一旦理解すると吸収・消化し、そして自分の形へとアレンジを始めます。その人たちは何らかの理由で投資家に必要な 資質を既に身に着けており、決して手を抜いたり、時間を惜しんだりしません。それが大きな違いです。 始めは松下誠に学ぶかも知れませんが、最後はその人自身の投資が出来上がるのです。


  武道の言葉かと思いますが、「守・破・離」という言葉があります。ものごとを学ぶとき、最初は教えを「守る」ことから始めます。そして守れるようになったら、「破り」自らの新しいものを探し始めます。そしてそれから「離れ」 全く新しいものを作り上げるのです。


 最初から「自分で作り上げる」という意志がなければできない作業があります。越えられないものがあります。それを理解し、スタートするべきだと思います。正しい道をスタートすれば、必ずゴールに着くのです。 私が損失を重ねていたときに、師と仰ぐトレーダーのセミナーに始めて参加したときのことです。


 その人は言いました。「トレードとは自分の物差しを持つことです。それが人のものと違ってもいい、長さが正確でなくてもいい、それを使って自分が相場を計ることができ、そして利益を上げられれば、それでいいのです。」と。 そのときの言葉を思い返すと全く同じことを言っていたのだと気がつきました。


「自分で自分の投資を作り上げる。」のです。


「あなたはどんな投資家ですか?」

著者:松下誠:123profit.jp
1967 年生まれ。福岡県出身。富山医科薬科大学卒業後。製薬会社勤務をへながら、個人投資家として、投資はじめる。開始から2年で個人資産1500万円を失うも、その後、簡単な利益の上げ方を発見し、それから、利益を上げ続ける。現在は投資家として独立。彼の、“感情コントロール法”や“価格変動予測法”などの指導を受けた個人投資家のほとんどが利益をあげるようになっている。

>松下誠の投資術を学ぶにはこちらをクリック> http://www.123profit.jp/MNL.php?jvcd=4836

[RSS] [Admin] [NewEntry]

あなたは、投資でこんな間違いをしていませんか?


From:松下誠


1998年の法改正により、外国為替取引(FX)が個人にも開かれた。
そして多くの個人投資家がこのFX取引を開始している。書店では、
「FXで3000万」などというような本がたくさん出版された。


しかし、ほとんどの個人投資家は利益を上げることができていない。
本やブームにまどわされて、FX投資を始めるて大怪我した人はたくさんいる。
2005年の12月はFXをやっていた人はほとんどが大変な目にあった。


やはり、投資は特にFXなどというレバレッジの強い投資は危険だから
止めておいた方がいいのか?

 
必ずしもそうとは言えない。

 
何故なら、2005年12月に大損したたくさんの人たちに代表されるような、
多くの個人投資家は、ほとんどの場合、
投資に対する準備が全く出来ていない。
つまり、ほとんど知識がないまま、
儲かりそうだという理由でFX投資をしているのだ。


結論から言うと、FXで楽に儲けることはできる。

しかし、それは投資における正しい知識を持った上での話だ。何故、
正しい知識をもたなければダメかというと、次のような理由が挙げられる。

損失を受け入れることができない。

投資をしていれば、FXだろうが株だろうが、必ず“損失”が発生する。
私たちは元来、損失を受け入れるという習慣がない。



感情に流される

投資を始める人のほどんどは、お金を損したりするという事に慣れていない。
そして、お金を損するというのは極めて感情的なことなのだ。
お金に対す る感情を安定させない限り、正しい判断などできっこない。
  
ほどんどのケースで投資とは、自分の感情との戦いである。
そこで、感情を少しでも安定させる方法をお伝えしよう。それは、

「目的を持つ」

ということだ。

なーんだ、と馬鹿にしてはいけない。

「はっきりとした目的を持つ」と、どうなるだろうか?目的を持っていると、
目先の小さなことにくよくよすることが、少なくなる。すなわち、
取引において損失が出たときも、あまり感情的にならずに次の取引があるからと、
損失を素直に受け入れることができるのだ。
はっきりとした目的を持っていると、感情的になることが、少なくて済む。

はっきりとした目的を持っていると、損失に対して強くなれる。
次に重要な事が、「小さな損をする」ということだ。


取引において損が出始めると、感情が高ぶってくるドキドキして、
いてもたってもいられなくなる。これは誰だって同じことだ。
損失がどうなるのか気になってしょうがない。

 
仕事は手につかなくなりますし、人との会話も上の空になる。
そのくせ、損失を確定して、問題解決しようとせずに、
ただただ損が消えてくれと祈るばかり。


その後どうなるか?

ご推察の通り、損はさらに大きくなり、ますます確定できなくなる。
もう逃げ出したいだけだ。しかし、当然だが逃げることはできない。
さあどうしよう?


もうこうなると、何もすることができない。
ただただ、いつか値動きが止まることを祈る日々。


運よく止まって、損失が回復することもあるかもしれない。
でもそれはごく稀だ。大抵は精神的に、あるいは資金的に我慢できなくなり、
ある日損失を確定することになる。。


その損失はあなたの投資に致命的なダメージを与える。
これが2005年の12月に日本中の個人投資家が、大損した原因だ。
しかし、小さく損をするという事をしていれば、そんな大損する前に、
さっさとその取引から撤退することができる。

 
この事さえ知っていれば、誰もが大損なんかせずに済んだのだ。
それどころか、逆にある手法で科学的にその暴落を予測して
儲けることもできたのだ。


 
しかし、不思議なことに投資家は小さな損失でさえ、確定することを避けようとする。
その先に、小さな損失が確実に大きな損失になることも忘れて。


ぜひ小さな損失を受け入れ、確定しよう。

そうすることで大きな損失を避け、資金を保ち、投資を続けていくことができる。
そうして続けることで、利益を上げるチャンスが必ずめぐってくる。そのチャンスは、
確実にものにしよう。


私自身も、はじめたばかりの頃は、毎日ドキドキしてたものだ。
しかし、今では落ち着いて、楽に投資して資産を殖やすことができている。
何故なら、私の『損失』の金額はあらかじめ決まっているし、
価格の変動もある程度予測できるようになったからだ。だから、
安心して投資をすることができる。


あなたも同じだ。『損失』をあらかじめ決めることで、
リスクなく投資ができる。そして、私と同じように理論を学ぶことで、
価格変動をある程度まで予測することができるようになる。
そうなれば、不安になることなく、楽にかせぐことができるだろう。

FX投資は危険なものではない。
あなたが無知なのが危険なだけだ。
本を一冊二冊読んだくらいでFX投資で儲けようなんてのは、
とても危険な行為である。


FXだけでなく投資とは、

“情報”が命なのだ。




しっかりとした、投資の知識をみにつけよう。そうすれば、
あなたは一生、投資で暮らせるようになるかもしれない。
http://www.123profit.jp/index.php?jvcd=4836


[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。